化粧品選びに気をつける|敏感肌に優しい化粧品を選定しよう

レディー

かさかさ肌の対策

手

乾燥肌は、肌がかさかさとしてかゆみや赤みを伴ってしまう症状です。乾燥肌対策で重要なのは保湿ケアであり、そのために欠かせないのが化粧水です。お風呂上りに化粧水、また保湿成分を逃がさないための乳液をつける習慣をつけ、乾燥肌対策を行いましょう。

もっと読む

思春期か否か

顔を洗う女性

ニキビには思春期にできるものと、大人ニキビがあります。大人の場合は雑菌とかではなく、ストレスによるホルモンバランスの乱れが主流なのでそれを改善すると治ることが多いです。思春期の場合アクネ菌なども要因になってくるため洗顔石鹸での洗浄と保湿が重要です。

もっと読む

跡が気になる方に

頬に手を充てる人

ニキビ跡に悩まされている人は、まずはとても簡単にできる保湿から始めてみましょう。保湿を行っていると肌の再生能力がアップします。ターンオーバーは1か月程度の周期で行われるため時間を要しますが、じっくりと保湿を続けましょう。

もっと読む

保湿成分と皮膚バリア機能

クリーム

健康な肌を保つために

皮膚には外部からのさまざまな刺激を防ぐ役割があります。この役割を維持することは、かゆみや肌荒れから肌の健康を守ることにつながります。健康な肌は、皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質の状態が良いことがわかっています。普段のスキンケア方法を見直すことで、今よりも良い肌環境を作ることが可能です。スキンケアに欠かせないのが、化粧水や乳液などの化粧品です。ドラックストアなどでも数多くの化粧品が販売されています。どの商品にも肌に水分を補ったり保湿効果を高める成分が配合されています。その中からより良い商品を見つけ出し使用することで、肌のコンディションをよくすることができます。その際に大切なのが、自分の肌質を知りそれに合った化粧品であるかを見極めることです。肌には、普通肌・乾燥肌・敏感肌・脂症肌などがあります。

肌タイプに合った商品選び

肌質は人によって違うため、自分に合った化粧品を見つけるためにはまず自身の肌質について考えることが大切です。肌トラブルが起こりにくい人の肌を普通肌と言うのに対し、肌の水分が蒸散しやすい乾燥肌や皮脂分泌が多い脂症肌があります。また、外部からの刺激に対して過剰に反応してしまう肌を敏感肌を言います。それぞれに合った化粧品を選ぶためには、インターネットや雑誌のタイプ別化粧品ランキングが参考になります。アレルゲンや紫外線などの外部からの刺激に弱い敏感肌タイプには、アミノ酸やセラミドを配合した商品が人気です。保湿成分であるアミノ酸やセラミドは、皮膚のバリア機能を高め肌本来の修復機能を高める効果が期待できます。しっかりと保湿をおこなうことで、敏感肌の原因となる皮膚バリア機能の低下を防ぐことができます。