化粧品選びに気をつける|敏感肌に優しい化粧品を選定しよう

女の人

跡が気になる方に

頬に手を充てる人

今からでも治せます

肌にニキビ跡が残っていると、ついつい自信を失うものです。特に顔に残ってしまうと、コンシーラーなどで跡を毎日のように隠すメイクをすることになる場合もあります。でもどうしてニキビ跡は生まれてしまうのでしょうか。1つは潰すなど、完治前に触ってしまう行為が影響しています。治りかけのニキビを潰してしまうと、特に残りやすいので、ニキビの芯を無理やり押し出すような行為はやめましょう。清潔に優しく洗って保つことが回復の近道です。また、10代以降のニキビは「大人ニキビ」の可能性が高くなります。これはストレスや女性ホルモンの乱れで生じるものです。この場合、生活習慣を根本的に見直さないとなかなか治りにくいので、ニキビ跡にならないようにケアを行いましょう。

美白ケアに効果があります

ではニキビ跡が模試も出来てしまった場合にはどんなケアをすれば跡が残りにくくなるでしょうか。一番おススメしたい、もっとも簡単な方法は「保湿」です。肌が保湿されていると、再生力がアップします。肌のターンオーバーは約1か月の周期ですから、短期間の保湿を行うのではなく、長い視点で保湿を続けるとニキビ跡が目立ちにくくなります。また、保湿を行う際に「美白効果」のある化粧水や乳液の使用がおススメです。美白効果のある化粧品は、肌のくすみも透明感ある肌へと導いてくれます。時間は少々かかりますが、ニキビ跡に落ち込んでいる方はまずは徹底した保湿を日々繰り返してみてはいかがでしょうか。肌に自信が持てるようになると、今まで以上にオシャレも楽しめるようになります。