化粧品選びに気をつける|敏感肌に優しい化粧品を選定しよう

女の人

思春期か否か

顔を洗う女性

子供と大人とで違う

ニキビと一概に言っても思春期と大人とでは全く原因が違います。どちらもホルモンバランスの乱れという共通点がある物の対処法が異なります。思春期の場合、ホルモンバランスが大人に変わるため起こります。特にバランスが崩れやすい女性に多く見られます。男性の場合、ホルモン変化が急激でないことと、化粧をしていないため、顔を洗う回数が多いことがニキビができにくい秘訣とも言われています。洗顔石鹸は皮膚のいるアクネ菌などを殺菌するためニキビ治療薬として用いられています。思春期ニキビの場合洗顔石鹸が効果的です。一方、大人の場合ストレスによることが多いです。日頃の疲れがニキビの発生に直結してしまうことがあるため、洗顔だけでなくストレスを溜め込まない生活も意識しましょう。

ハチミツを用いる

洗顔石鹸にハチミツを用いることにより殺菌作用や保湿作用が一段と上がります。どのような洗顔石鹸を用いていても少しだけハチミツを混ぜ泡立てると効果的だと言われています。ニキビによる肌荒れを整える効果もあるとされています。ハチミツ入りの洗顔石鹸も売られています。ニキビに対しては油ものを控えるだけでなく、洗顔回数も注意が必要です。一般的には1日2回を目安に行っています。しかし、ニキビがひどい場合は1日3回に増やすことも効果的です。ただ回数が多ければいいかというとそうでもありません。回数多くなるとそれだけ皮膚のバリアを落とすことなり、雑菌が増えることもあります。洗顔後の保湿をしっかり行い肌環境を整えることが重要です。