化粧品選びに気をつける|敏感肌に優しい化粧品を選定しよう

女の人

かさかさ肌の対策

手

乾燥肌はとても辛いものです。特に冬場は空気が乾燥しやすいため、肌も同じく乾燥してしまい、かゆみや赤みといった症状をもたらしてしまいます。かさかさした肌は、化粧のりが悪くなったり、肌のバリア機能を低下させ肌の老化の原因となってしまう場合もあります。そのため、乾燥肌を自覚した場合には、すぐに予防と改善のための対策をしなくてはなりません。乾燥肌対策において一番重要なのは、保湿です。かさかさ肌は保湿を徹底することで改善され、また更なる乾燥を防ぐことにもつながります。そして、保湿ケアに欠かせないのが化粧水です。保湿成分をたっぷり含んだ化粧水を正しく使うことによって、乾燥肌をしっかりと予防、改善させることが可能になります。

化粧水の正しい使い方は、まず基本的にお風呂上りに使用するということです。お風呂上りで体を拭いたあとにそのままの状態にしてしまうと、肌が乾燥しやすくさらなる乾燥肌をもたらしてしまうこともあるため、お風呂から上がった際にすぐに化粧水をつけるよう習慣づけましょう。肌にたっぷり化粧水を取って、肌に馴染ませるように両手の手のひらでゆっくりと肌に浸透させていきます。顔だけでなく、腕や足など体の気になる部分につけていきます。化粧水をつけたあとは、保湿成分を逃がさないように乳液をつけます。乳液があるのとないのとでは、保湿力が大きく変わってくるため、必ず併用するようにしましょう。この一連の保湿ケアの流れを徹底して行い、乾燥肌対策につとめましょう。